屋久島縄文杉登山準備ガイド。持ち物チェックリストを紹介。初めての屋久島縄文杉登山に。

縄文杉登山の持ち物は旅行出発前にチェックしよう!

縄文杉登山コースには水場とトイレ以外の設備はありません(もちろん売店も)。島内のお店も少なく閉店時間も早かったりするので、当日慌てないためにも屋久島に出発する前に持ち物を揃えておくのが安心です。

持ち物チェックリスト(日帰り登山)

着用するもの以外は全てザックに詰めておきましょう。縄文杉登山道は湿度がとても高いので、電気製品や衣類はビニール袋に入れておくことを忘れずに!

ザックに入れるもの
ザック(1) 荷物が全部入る大きさのものを。雨よけのザックカバーも一緒に。※レンタル可能。
ストック(1) 階段の上り下り時にもっていると楽。ストックの扱いに慣れていない場合は無くて良い。※レンタル可能。
お弁当(2) 朝食、昼食分の2食必要。事前にホテルや弁当屋で手配してもらう。
水(1) ペットボトル500mlが1本あればOK。無くなっても途中の水場で補充可。
携行食(2~3) 飴、チョコ、黒糖、昆布など、歩きながら食べられるもの。甘いものとしょっぱいものがあるとちょうど良い。
非常食(2~3) カロリーメイト、ウィダーインゼリーなど。食事代わりになるもの。
救急用品 絆創膏、シップ、常備薬。
折り畳み傘(1) 普通の折り畳み傘でOK。雨天時はトロッコ道でのみ使用する。
懐中電灯(1) 秋~冬の登山では夜明け前の出発のため必須。夏場は無くても良い場合がある。登山用が無ければ小さめの懐中電灯で可。
ビニール袋(5) ゴミ袋、雨よけとして役立つ。
デジカメ 防水仕様でない場合は、ぬれないようチャック袋に入れて携帯すると良い。
携帯電話 縄文杉とトロッコ道の一部区間でつながる場合があるため、必要な場合は携帯しておくと良い。ぬれないようチャック袋に入れて。
レインコート(1) 上下に分かれたレインスーツタイプが良い。サイズがなければポンチョを着用。※レンタル可能
防寒着(1) 秋冬登山に必要。コンパクトに折りたためるジャケット、フリース、ダウンなど。
替えの衣類 (下着)、シャツ、靴下など。ビニール袋にまとめる。
タオル(1) 汗拭き、手拭き用に。
着用するもの(予備分はザックへ)
トレッキングシューズ 防水仕様、ハイカットタイプがお勧め。
帽子 防水仕様がおすすめ。冬場は暖かいものを。
タオルまたは手ぬぐい 首に巻いて汗拭きに。
半そでシャツ 吸汗速乾機能のあるものが良い。着替え用もあると良い。
長袖シャツ 吸汗速乾機能のあるものが良い。
ウェア上下 トレッキングウェアまたはジャージ。
靴下 厚みのある登山用靴下かスポーツソックス。着替え用もあると良い。
下着 吸汗速乾機能のあるものが良い。夏場は替えがあると良い。
手袋 軍手など。岩や木につかまる場所が多いので丈夫なものを。冬場はスキー用手袋などを用意する。

※芯を抜いたトイレットペーパー、簡易トイレが必要と言われたりもしますが、トイレは登山道に何箇所もありペーパーも補充されていますので、日帰り登山では必要はなかったです。また、冬場などそれほど汗をかかない場合、替えの衣類は無くても大丈夫です。

ーーーーーー服装についての詳細は「登山の服装」のページへーーーーーーーー

Ads by Sitemix